津久井大豆 相模原の豊かな自然のなかで育つ、津久井大豆。 甘みがぎゅっと凝縮された、まあるい大豆です。 かどや食堂では、津久井大豆をたっぷり使った まんぷく料理をご用意しています。

「食べてほしい」には理由があります

生産者が誇りをもって育てる大豆。
ぜひご賞味ください。
ポイント1

生産者農家が守り続けた、幻の大豆

津久井地方ではかつて、多くの生産農家が大豆を生産していました。しかし、安価な輸入大豆が広まったことで栽培面積が激減。津久井在来大豆は「幻の大豆」と呼ばれるようになりました。大豆は夏を超えると翌年は芽を出さないため、毎年誰かがつくり続けなければ消滅してしまいます。細々と、大切に栽培を続けた津久井の人々によって、津久井在来大豆の味は今日まで受け継がれているのです。
ポイント12

栄養満点!ヘルシーがうれしい!

大豆は栄養素がたっぷり詰まった万能食材。タンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。私たちの臓器や血液、肌、髪には欠かせないタンパク質の含有量は肉に匹敵するほど高く、低カロリーなのが特徴です。女性にうれしい大豆イソフラボンもたっぷり含まれており、大豆を食べることで健康や美容を支える成分を摂取することができます。
ポイント3

甘くておいしい「かながわブランド」

津久井在来大豆は、甘みが強く粒が大きいのが特徴です。加工に適しており、きな粉にすると砂糖がいらないほど甘く、味噌にすると香り高いおいしい味噌になります。平成20年には質の高さが評価され、「かながわブランド」に認定されました。甘くておいしい津久井在来大豆料理をぜひご賞味ください!

津久井在来大豆を使ったメニュー

津久井在来大豆のおまめちゃん定食

1080円

津久井在来大豆の煮豆

200円

津久井在来大豆のミニグラタン

580円

アクセス

〒252-0172 神奈川県相模原市緑区与瀬本町 与瀬本町12
でんわをかける
042-684-2002

ページトップ

©︎ KADOYA SHOKUDO